日本全国の温泉 温泉の利用について

温泉の利用

湯を使う風呂が一般的でなく、衛生に関する知識や医療が不十分であった時代には、温泉は怪我や病気に驚くべき効能があるありがたい聖地でありました。

各温泉の起源伝説には、鹿や鶴や鷺(サギ)などの動物が傷を癒した伝説や、弘法大師等高名な僧侶が発見した伝説が多いです。

このような場所は寺や神社が所有していたり、近隣共同体の共有財産でありました。

江戸時代頃になると、農閑期に湯治客が訪れるようになり、それらの湯治客を泊める宿泊施設が温泉宿となりました。

湯治の形態も長期滞在型から一泊二日の短期型へ変化し、現在の入浴形態に近い形が出来上がりました。

温泉はヨーロッパでは医療行為の一環として位置付けられているが、日本では観光を兼ねた娯楽である場合が多いです。

学校の合宿、修学旅行に取り入れる例も多いです。

もちろん、湯治に訪れる客も依然として存在します。

提供形態
一旦浴槽に注いだ湯を再注入するか否かで循環式と掛け流しに分類されます。

循環式においては、一度利用した湯を濾過・加熱処理をした上で再注入しています。

近年掛け流しを好む利用者の嗜好により、源泉100パーセントかけ流し等のキャッチコピーで宣伝しているところもあります。

入浴法
さまざまな湯温

時間湯 - 草津温泉(群馬県、高温浴(摂氏42度以上))

ぬる湯/持続湯 - 不感温度浴(摂氏34-37度)、微温浴(摂氏37-39度)

冷泉浴 - 増富温泉(山梨県)、寒の地獄温泉(大分県)

さまざまな入浴形態

打たせ湯 - 筋湯温泉(大分県)

立ち湯 - 鉛温泉(岩手県)

寝湯 - 湯之谷温泉郷

足湯 - 各所、屋外で無料のものも多い。道の駅たるみず(鹿児島県)に設置されているものが日本最長

蒸し湯 - 鉄輪温泉(石室:大分県別府温泉)

箱むし - 後生掛温泉(秋田県)

砂むし - 指宿温泉(鹿児島県)、竹瓦温泉(大分県別府温泉)、別府海浜

砂湯(大分県別府市上人ヶ浜)

まんじゅうふかし - 酸ヶ湯温泉(青森県)
岩盤浴 - 玉川温泉(秋田県)

泥湯 - 明礬温泉(大分県別府温泉)、すずめの湯(熊本県地獄温泉)、

三朝温泉(鳥取県)、 後生掛温泉(秋田県)

飲泉 - 各所、禁忌の場合もあるので、飲む場合は注意が必要です。
posted by tomarigi at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55185117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。