日本全国の温泉 温泉たまご 食べたことありますか 大好きです 旨いですね

温泉たまご 旨いですね。

温泉たまご(おんせんたまご)は、半熟玉子の一種で、卵黄部分は半熟、卵白部分は半凝固状態に茹でた鶏卵です。

一部では温度たまご(おんどたまご)とも呼ばれています。

通常の半熟卵とは逆に、卵黄よりも卵白が柔らかい状態なのが特徴です。

これは卵黄の凝固温度(約70℃)が卵白の凝固温度(約80℃)より低い性質を利用して作られるもので、65〜68℃程度の湯に30分程度浸けておくことで、この状態になります。


温泉に浸けているところ(長野県野沢温泉)湧出する温泉の湯温がこの範囲に近い場合、これに浸けておくだけで出来ることから、温泉地の旅館などで食卓に提供されることが多く、「温泉たまご」の名で呼ばれるようになったと思われます。

あらかじめ殻を割って器にとり、出汁と醤油をあわせた出汁醤油をかけて供されることが多いです。

また、麺類、丼物などのトッピングとしても利用されています。

生卵を含めた他のどの調理状態よりも消化吸収に優れています。

専用の「温泉たまご製造機」が市販されているが、保温性のある発泡スチロール容器(カップヌードルの容器)などを利用して作ることもできます。

また、保温状態の炊飯ジャーを利用し水を使わずに作る事も可能である。

半熟たまごの名称で外食産業(吉野家など)で出回っている温泉たまごは、キユーピー株式会社が製造販売している「キューピットのたまご」という製品であります。

半熟卵と同じく、たまごが新鮮でなければ、食中毒を起こす可能性があります。

黒たまご

黒たまご箱根温泉の大涌谷や、後生掛温泉の名物となっている温泉たまごの外観は真っ黒であります。

これは卵の殻に温泉成分の鉄分が結びつき黒く見えるものであります。

黒い部分は殻だけで、中身は普通のゆで卵と同じであります。


雲仙地獄たまご

雲仙温泉では地獄谷からでる蒸気で蒸し器を使う少し硫黄のにおいがするゆで卵であります。

付属の塩は普通の塩ではなく、温泉でできた塩を使っています。

ラムネと一緒に食べる人が多いです。
posted by tomarigi at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。