日本全国の温泉 温泉の外湯 知っていますか

温泉の外湯

外湯(そとゆ)とは、温泉街に存在する、宿泊施設を伴わない公衆浴場、日帰り入浴施設のことです。

内湯に対する対義語であります。


城崎温泉「さとの湯」源泉開発の技術が乏しかった時代、温泉は自然湧出源泉に限られていました。

湯量が限られていたことや、温泉は皆の共有財産で誰かの占有物ではない、という考えから湯船は源泉が湧出する場所に共同の浴場として整備され、旅館はその周辺に建てられました。

宿泊客は温泉に浸かる際には、旅館の外にある共同浴場に通っていました。

大正時代以降、源泉開発技術が向上するにつれ、旅館ごとに独自の源泉を持つようになりました。

その際に、旅館独自の湯と旅館の外の湯ということで、内湯、外湯という区分が生じました。

源泉の意から、元湯と呼ぶ温泉もあります。

古くからの湯治場は、皆外湯に通う形態であったが、今日では俵山温泉、温湯温泉など一部に残るのみであります。

外湯の多くは、地元の人が管理している共同浴場であったが、今日では休息施設を併設した日帰り入浴施設も多く存在します。


外湯巡り
源泉の数、湧出量が豊富な温泉地、温泉街では、温泉を利用した浴場が多数存在すします。

異なる源泉、異なる浴場を巡ることが温泉地の楽しみの一つとなっています。

以下の温泉地は、外湯巡りを温泉街の名物としています。

飯坂温泉、湯田中温泉、渋温泉、城崎温泉
posted by tomarigi at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55188967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。