日本全国の温泉 温泉の掛け流し よく聞きますが良くわかりませんね 特徴は知っていますか



掛け流し(かけながし)とは、温泉の浴槽への給湯・排水方法の1つで、源泉から自然に湧出または機械的に汲み上げた温泉を浴槽に供給し、浴槽から溢れ出た湯を循環させず排出することです。

循環風呂と対をなす言葉であります。

掛け流しの分類

掛け流しは、浴槽への給湯する前の源泉に対する処理方法で分類できます。

加温の有無

加水の有無

加水、加温ともに行わない掛け流しの事を、特に『源泉掛け流し』と呼ぶます。

源泉付近で温泉をそのまま利用するいわゆる野湯も掛け流しに分類されるが、通常は整った入浴施設に対しこの用語を用いることが多いです。

本々の温泉の利用形態は野湯の状態であり、掛け流しという言葉は用いられることはなかった。対をなす言葉である循環風呂が登場以降もすぐには掛け流しに対する注目は集まらなかったようです。

掛け流しに対する注目が最初に集まったのが2000年から2002年にかけて発生したレジオネラ菌騒動であります。

日帰り入浴施設などに設置された循環風呂で繁殖したレジオネラ菌を原因とした死亡事故により、菌の繁殖の温床となった浴槽内循環機を用いない、昔ながらの掛け流しに対して注目が集まりました。

その後温泉愛好家の間では、その風呂が掛け流しか循環風呂が温泉を楽しむ要素として着目されるようになっています。

2004年に発生した温泉偽装問題以降は、顧客の源泉志向に対応するため、源泉掛け流しをうたい文句にする旅館、入浴施設が多くなりました。

なお、掛け流しという表現は、松田忠徳がその著書で自らが初めて用いたと主張しています。


特徴・効能

掛け流しの浴槽には薬剤を加えていない場合が多く、その温泉の本来の泉質(色、臭い、感触等)が味わえたり、湯に湯の花が多く浮遊していることもあります。

このような特徴により、「掛け流しであるか否か」が入浴施設、ホテル・旅館を選択するときのポイントの1つとなっているが、掛け流し方式の浴槽に入浴することが、循環方式よりも疾患への効能が高いという証明は今のところなされていないようです(そもそも一般的に流布している「リウマチに効く」等の泉質別の効果自体、医学的に議論がある)。

ただ、「掛け流しの温泉に入った」という満足感がより精神的な安らぎにつながることは考えられています。
posted by tomarigi at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55189716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。