日本全国の温泉 温泉番付

温泉番付(おんせんばんづけ)とは、温泉地を大相撲の番付に見立てて格付けしたものであります。

概要

温泉番付が初めて作られたのは、江戸時代の寛政年間といわれています。

当時歌舞伎役者の人気を相撲の番付風に格付けをして、見立て番付が流行しました。

同じようなものが数々のジャンルに対して作成され、温泉番付もその中の1つとして作成されました。

その番付は効能の高さを元にランク付けされています。

そのため、番付によっては温泉名の上に効能が記述されているものもあります。

番付の東西は、大相撲の番付の考え方と異なり、単に東日本の温泉は東に、西日本の温泉は西に番付されています。

但し、幕内下位の西日本の欄には東日本の温泉が一部入っています。

温泉番付は江戸、大坂など、町人文化が発達したところで町人によって作成され、その後各地の温泉地でも作成されました。

この時代の番付の特徴としては、

作成された場所により、温泉地の番付に変化があり

誤字脱字、該当温泉地が不明のものがあります。

1の理由としては、近くの温泉や自分の温泉地をひいきにしたりすることが多かったためであります。

2については、当時は街道は発達していたが町人が自由に旅行することは難しく、他の旅行者の評判や既存の温泉番付を参考にして番付に反映させていました。

その結果人伝えに情報が伝えられるうちに誤字脱字や、該当不明の温泉地が発生しそれがそのまま掲載されました。

作成された場所により温泉番付の中身は変化があるが、どの番付でも大関(当時最高位)は草津温泉と有馬温泉、勧進元は湯の峰温泉(番付内では本宮の湯として登場)であります。

江戸時代に流行った温泉番付は明治時代以降も製作されたが、徐々に番付を行う風習は廃れています。

現在では温泉の格付けはベスト10、ベスト100形式が主流であるが、松田忠徳など温泉評論家により番付が作成されることがあります。

また、野口冬人による露天風呂番付や、共同浴場番付など特定の分野に特化した番付も作られています。
posted by tomarigi at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。