日本全国の温泉 滋賀県 びわ湖温泉 茶が崎温泉とも呼ばれています

滋賀県の温泉

びわ湖温泉(びわこおんせん)は、滋賀県大津市茶が崎にある温泉です。

茶が崎温泉とも呼ばれています。

びわ湖温泉へのアクセス

JR湖西線西大津駅より徒歩約7分。

京阪電車石山坂本線皇子山駅より徒歩約7分

名神高速大津ICから約15分。

泉質

アルカリ性単純温泉

源泉温度34.3℃

効能
神経痛、リウマチ、創傷、筋肉痛、関節痛


温泉街

旅亭 紅葉 (旧 ホテル紅葉)

和式の内装を誇る「旅亭 紅葉」(1993年10月開業)が営業しています。

ホテル紅葉(後述)をリニューアルオープンしたものです。

京都市に本部を置くジャパンレジャーサービスグループの子会社「琵琶湖リゾートホテル株式会社」が経営しています。

びわ湖に面した露天風呂が好評で、2007年9月14日にはびわ湖に面したレストラン『湖彩・湖眺』がオープンする予定です。

宿泊客の送迎には「牛車タイプの送迎車」(全部に牛頭をあしらったマイクロバス)を使用しています。

ホテル紅葉
びわ湖温泉はかつて、ホテル紅葉(1964年開業)を中心とするレジャーランドとして有名でありました。

周辺には遊園地のびわ湖温泉紅葉パラダイス(1966年に紅葉パラダイスとして開業しました。

のちに「びわ湖パラダイス」に変更、1998年12月廃業。以下紅葉パラダイス)が隣接していました。

ホテル紅葉の演歌調テレビCMは、近畿地方に当時在住していた世代の間では今なお語り草となっています。

紅葉パラダイスのCMもまたお馴染みであった(ホテル紅葉のCMはほぼ全国で放送されていた)。

併設の紅葉パラダイスは1978年、ドイツ製蒸気機関車とワゴンリー社製個室寝台車8両を連ねた「ホテル・オリエント・エクスプレス」を敷地内に開業し話題となったが、廃業に伴いこれら客車も解体されてしまいました。

上記の紅葉パラダイス、旅亭 紅葉のかつての運営主体の丸玉観光株式会社(京都市)はホテル改装と遊園地の不振などによる負債を抱え、2006年3月1日に倒産。旅亭 紅葉は倒産に先立って、ジャパンレジャーサービスグループ(略称:JLS/京都市)へ売却しました。

なお、旅亭 紅葉に隣接して、ホテル紅葉と丸玉観光の創業者の木下彌三郎が収集したギリシャ・ローマ彫刻、日本画、洋画などを展示している木下美術館があります。

倒産後も存続していたが、現在、移転準備中のため休館中。

一方、紅葉パラダイスの跡地にはマンションが建ちました。

posted by tomarigi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 滋賀県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55449147
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。