日本全国の温泉 兵庫県 城崎温泉 冬は山陰名物松葉ガニ(ズワイガニ)の料理を組み入れたツアーが設定されています

兵庫県の温泉

城崎温泉(きのさきおんせん)は兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉です。

平安時代から知られている温泉で1300年の歴史をもっています。

江戸時代には『海内第一泉(かいだいだいいちせん)』と呼ばれていて、今もその碑が残ります。

城崎温泉への交通アクセスは

鉄道

JR山陰本線城崎温泉駅下車すぐです。

バス

大阪・神戸から全但特急バス かに王国号で城崎温泉駅または城崎温泉下車です。

飛行機

但馬空港から空港連絡バス城崎温泉行で約45分です。

その他

冬は山陰名物松葉ガニ(ズワイガニ)の料理を組み入れたツアーが設定されています。

泉質

食塩泉

源泉温度37℃〜83℃。

すべての源泉は1972年に作られた集中配湯管理施設に集められて、ブレンドされて各旅館や外湯に送られています。

城崎温泉温泉街

基本的に外湯めぐりが主体の温泉。外湯は、「鴻の湯」・「まんだら湯」・「御所の湯」・「一の湯」・「地蔵湯」・「柳湯」・「さとの湯」 の7箇所です。

一の湯は江戸時代『新湯(あらゆ)』と呼ばれていたが、医師香川修徳が泉質を絶賛し、『海内一』(=日本一)の意味を込めて一の湯に改名しました。

さとの湯は市営であり、施設内に豊岡市城崎総合支所温泉課があります。

城崎温泉駅前から7つの外湯につながる川沿いが温泉街を形成し、川べりの柳が風情あるものであります。

知名度と京阪神からのアクセスの良さにもかかわらず、歓楽色の少ない静かな情緒が特徴であります。

夏は海水浴、冬はカニ料理に人気がある。城崎温泉駅にもさとの湯(駅舎にある温泉)や足湯、飲泉場があります。

足湯や飲泉場が温泉街各所にあります。

玄武岩の語源となった国指定天然記念物の玄武洞が、円山川を挟んだ対岸にある、車で行く事ができます。

以前あった渡し舟は廃止されました。

城崎マリンワールドは、日和山にある屋外型の水族館で「感じる水族館」と自称しています。

ホテル金波楼を含む日和山観光株式会社は、かに道楽(JRI株式会社かに道楽)の親会社・前進の会社であります。

大阪などのかに道楽へは、ここからかにが運ばれているとされます。

かにが水揚げされる漁港である津居山(ついやま)港も豊岡市にあります。

城崎では浴衣を着て下駄を履くのが正装と言われています。

温泉街には「ゆかたご意見番」という掲示をした店が多く、浴衣が着崩れたりした時に対応します。

浴衣の模様で旅館が分かるとその旅館の下駄を差し出す下足番もいます。

色鮮やかな浴衣を貸し出す旅館も多いです。

また温泉郷に設置されている7ヶ所の外湯では観光客向けに当日最初の入湯者に一番札を配布しています。




社寺 - 温泉寺、四所神社、極楽寺

博物館 - 城崎美術館、城崎文芸館、太田垣士郎資料館、城崎麦わら細工伝承館

玄武洞は駅こそ城崎だが公園は豊岡市田鶴野地区であります。

日和山は厳密には豊岡市港地区だが地図でこそつながっているものの市街地からは他の町を通らないといけず、城崎地区と勘違いする人も多いです。

合併した今では、ほとんどの機能が城崎総合支所となっているため又管轄警察が豊岡北署(旧城崎署)となっている面、水族館に城崎とついている点などから城崎地区と勘違いする人も多いです。

城崎温泉の歴史

舒明天皇(在位629年〜641年)の時代に、コウノトリが傷を癒した伝説があります。

養老元年717年から養老四年720年、道智上人が千日の修行を行った末に湧出したことが城崎温泉のはじまりです。

(現在のまんだら湯)道智上人は温泉寺開山でもあります。温泉寺は以後、城崎温泉の社会的中心になります。

江戸時代の温泉番付によると西の関脇(最高位は大関)にランクされています。

ライバルの有馬温泉は西の大関。江戸時代の外湯の元になった湯壷は9つありました。

幕末に桂小五郎が新撰組に追われて城崎温泉に逃げてきたことがありました。

江戸時代の城崎温泉はすでに遊技場のほか、食べ物屋は鍋焼き、ぜんざい、うどん、そばなどがある。果物、魚、鳥も各地から運ばれフグ、タコ、カモと何でも手に入りました。

貸し物屋では三味線、すごろく、碁、琵琶、琴、さらに、槍や刀まで貸してくれていました。

このように、客が帰るのを忘れさすほどもてなしをしました。

城崎温泉には、近郊の藩主や藩士が多数訪れたにぎわいました。

日露戦争の折は戦争で負傷した兵士を湯治させるために寮養所を城崎温泉に設置しました。

そのため明治維新からずっと続いていた深刻な不況もなくなりました。

明治以後も文人墨客に愛され、『城の崎にて』を書いた志賀直哉、作家・有島武郎をはじめとする多数の文豪が来訪しました。

このころ、内湯問題が本格的になりました。

大正時代の北但地震で町は全焼するが翌月には82人の客が城崎を訪れていて湯が沸いている限り客足は絶えなかったです。

第二次世界大戦中、温泉街は、軍人病院となっていました。

昭和38年に温泉街と大師山山頂を結ぶ城崎ロープウェイが開通しました。

高度成長にあわせて温泉ブームが到来し、城崎温泉は巨大な観光地となりました。

その後、暴力団がはびこったが町民と警察が団結して暴力団を町から追放しました。

城崎温泉周辺情報

温泉寺

日和山温泉

城崎マリンワールド

兵庫県立円山川公苑

気比の浜

竹野浜

来日岳

神鍋高原

posted by tomarigi at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。