日本全国の温泉 広島県 湯の山温泉 水内川に沿うように温泉街が広がっています 特に打たせ湯が有名です

広島県の温泉

湯の山温泉(ゆのやまおんせん)は、広島県広島市佐伯区(旧国安芸国)にある温泉です。

湯の山温泉への交通アクセス

山陽本線五日市駅よりバスで約40分くらいです。

泉質

放射能泉

湯の山温泉の温泉街

水内川に沿うように温泉街が広がる。打たせ湯が有名であります。

湯の山温泉の歴史

古くは広島藩の湯治場でありました。

約250年前の湯治場が現存しています。

開湯は大同年間と伝える。

1707年、湯が湧出する。

1748年、再度湯が湧出する。

1749年、広島藩主浅野吉長の命で、藩儒堀正脩が「霊泉記」を作る。

1750年、広島藩が湯の山明神社と湯治場を建造し、藩主浅野吉長が入湯。

以後、藩主藩が湯所役人を置いて庶民に開放する。

1797年、藩絵師岡岷山が入湯し、「都志見往来日記」に当時の繁栄ぶりを記録する。

1958年8月1日、「湯之山旧湯治場」が県の史跡に指定。

1972年7月29日、湯来温泉とともに「湯来・湯の山温泉」として国民保養温泉地に指定。

1974年2月18日、「湯ノ山明神旧湯治場」が国の重要有形民俗文化財に指定。

1974年5月、湯来町営の「湯の山温泉館」がオープン。

1991年7月18日、「湯来・湯の山温泉」が国民保健温泉地に指定。

1994年7月、湯来町営の「クアハウス湯の山」がオープン。
posted by tomarigi at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57128784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。