日本全国の温泉 岡山県 湯原温泉 湯原ダムの下流、旭川沿いに温泉街が広がっています 露天風呂、日帰り施設もあり 名物は湯原ダムの下にある巨大な共同露天風呂「砂湯」 露天風呂番付で西の横綱

岡山県の温泉

湯原温泉(ゆばらおんせん)は、岡山県真庭市湯原温泉(旧国美作国)にある温泉です。

温泉指南役に注力。

野口冬人による全国露天風呂ランキングで西の横綱にランクされた「砂湯」で知られています。

湯原温泉・下湯原温泉・足温泉・真賀温泉・郷緑温泉の5つを総称し「湯原温泉郷」とも称されています。

湯郷温泉、奥津温泉とともに美作三湯と呼ばれています。

湯原温泉への交通アクセス

中鉄バス、中国勝山駅〜湯原温泉〜八束村〜蒜山高原方面行き、JR姫新線中国勝山駅より約35分。新大阪駅(3時間30分)、岡山駅(2時間40分)より高速バスもあります。

米子自動車道湯原インターチェンジより5分です。

泉質

アルカリ性単純温泉

15の源泉で、推定毎分6000リットルの豊富な湯量があります。

湯原温泉の温泉街

湯原ダムの下流、旭川沿いに温泉街が広がっています。

露天風呂、日帰り施設もあります。

射的も商工会が最近始めました。

町名が、湯の原、どこにでも湯が湧くのかもしれない。

基本は湯治、保養、療養向けであるが、場所柄、蒜山方面への行楽拠点としても重宝され、また観光地としても人気があります。

共同湯

名物は湯原ダムの下にある巨大な共同露天風呂「砂湯」。

野口冬人の露天風呂番付で西の横綱とされています。

砂湯は露天の混浴浴槽であるが、覗き目的で、集まる男性だ絶えず、またすぐ上流に釣堀があるために、女性が入浴しているすぐ横に釣り客が来るなどの問題もあります。

またその自衛策として水着を着用して入浴する女性や 水着で川に入って、そのまま風呂に入るなどのマナー違反も増えています。

宿泊施設・商店街

ダムから下流の主として左岸に宿泊施設が軒を連ねているが、巨艦ホテル等はないです。

商店も同じ地域に集積しています。

湯原温泉の歴史

播磨の名刹、書写山円教寺の名僧、性空上人が重病で倒れ、その時夢枕に天童が現れて、この湯を暗示したといいます。

性空はその地に赴き、平癒。それ以後、薬湯として広く知られるようになりました。

また、豊臣政権の五大老の一人である宇喜多秀家の母堂が病を癒したといわれ、その御礼に秀家が浴室を修繕したというエピソードもあります。

奥津温泉、湯郷温泉とともに古くから美作三湯と呼ばれています。

米子自動車道(湯原ICより国道313号(愛称:ロマンチック街道313)経由で車で5分)の開通に伴い、アクセスが向上、関西の奥座敷として温泉街の規模が拡大しました。

昭和31年6月15日、湯原温泉郷が国民保養温泉地に指定されました。

湯原温泉郷は湯原の他、郷緑(ごうろく)温泉、足(たる)温泉、真賀温泉、下湯原温泉が含まれています。

いずれも国民保養温泉地の指定を受けています。

足、真賀は複数の旅館が見られます。

近隣の観光地

近傍の観光スポット

はんざきセンター はんざき(オオサンショウウオ、特別天然記念物)をはじめ.数々の湖水生物を展示しています。

ものづくり体験 独楽、陶芸絵付け、ガラス細工、蕎麦打ち、木工品づくりなどの体験工房があります。

射的店 

古屋不動滝 妖怪封じのために成田不動尊をまつったとされる滝です。

紅葉でも知られています。

佐波良の大杉 刑部佐波良神社境内

周辺の観光スポット

蒜山高原、大山など観光・レクリエーション地があります。






posted by tomarigi at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57131712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。