日本全国の温泉 北海道 摩周温泉 弟子屈温泉と呼ばれていました 温泉地の玄関である摩周駅にも足湯が設置されています 摩周湖への観光拠点

北海道の温泉

摩周温泉(ましゅうおんせん)は、北海道釧路支庁管内川上郡弟子屈町(旧蝦夷地、明治以降の旧釧路国)にある温泉です。

摩周温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 釧網本線摩周駅下車

泉質は、弱食塩泉 、モール泉

源泉温度26〜96℃

摩周温泉の温泉街は、

摩周駅の足湯摩周駅の西、釧路川沿いに温泉地が広がっています。

8件の旅館、ホテルが存在します。

温泉地の玄関である摩周駅にも足湯が設置されています。

温泉地には道の駅摩周温泉も存在します。

元々は弟子屈温泉と呼ばれていたが、摩周湖への観光拠点であることをわかりやすくするため、温泉地名に現在の呼称である摩周温泉が用いられています。

1990年にはJR弟子屈駅も摩周駅と改称されています。

ただし温泉地は摩周湖畔にはなく、摩周湖までは距離があります。

 
摩周温泉の歴史は、

古くから温泉が湧出していた場所であり、明治18年に当地に温泉旅館が開業したことが温泉地の始まりであります。

道東地域の中では歴史の長い温泉地として挙げられています。  
 
posted by tomarigi at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。