日本全国の温泉 北海道 菅野温泉 日本百名湯にも選ばれています 大雪山国立公園内、標高780メートルの然別峡に一軒宿 周辺には数多くの野湯も存在

北海道の温泉

菅野温泉(かんのおんせん)は、北海道十勝支庁管内河東郡鹿追町にある温泉です。

平仮名でかんの温泉と表記されて紹介されることも多いようです。

菅野温泉への交通アクセスは、

鉄道:根室本線帯広駅より宿の無料送迎バス。但し宿泊者のみ利用可能です。

車:道東自動車道芽室ICより約60分くらい。

泉質は、含芒硝重曹食塩鉄泉、含炭酸重曹食塩泉、重曹食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、含石膏食塩泉、含硼酸重曹食塩泉、重曹硼酸食塩泉、含石膏食塩鉄泉

源泉温度35〜78℃

毎分湧出量2,850リットル

その効能の高さが知られており、「菅野で治らぬ病なし」と言われています。

菅野温泉の温泉街は、大雪山国立公園内、標高780メートルの然別峡に一軒宿の「かんの温泉」が存在します。

周辺には数多くの野湯も存在しています。

野営場の近くに鹿の湯が、然別峡ダム周辺にペニチカの湯、ピラの湯、メノコの湯、キヌプの湯、シリコトルの湯など多数存在します。

温泉地は、日本百名湯にも選ばれています。

菅野温泉の歴史は、一軒宿の開業は明治45年であります。

その効能から、戦前は陸軍の保養所が設置されていました。

昭和46年3月23日 - 厚生省告示第55号により、然別峡温泉として国民保養温泉地に指定されています。





posted by tomarigi at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 菅野温泉菅野温泉(かんのおんせん)は、北海道河東郡鹿追町にある温泉。平仮名でかんの温泉と表記されて紹介されることも多い。下諏訪温泉に存在する共同浴場「菅野温泉」は、リンク先を参照せよ。.wikilis..
Weblog: 温泉GO!GO!ガイド
Tracked: 2007-11-14 10:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。