日本全国の温泉 北海道 登別温泉 北海道遺産である地獄谷があります 11の泉質からなる世界的にも珍しい温泉 湧き出る湯量は豊富で1日1万トン 山上にはのぼりべつクマ牧場があります

海道の温泉

登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道胆振支庁管内登別市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉で、北海道屈指の温泉地であります。

江戸時代から存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてから、保養地、観光地となりました。

登別温泉への交通アクセスは、

道央自動車道:登別東ICから約5km。

北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線:登別駅からバス20分。

バス:道南バスが各地区からのバスを運行している。また、各温泉施設による送迎バスもあります。

札幌・千歳・苫小牧方面

札幌駅前バスターミナルから約1時間40分(高速おんせん号)

新千歳空港から約1時間05分

苫小牧駅から約1時間30分

白老駅から約50分

室蘭方面

室蘭港から約1時間20分

室蘭東町ターミナルから約1時間

登別市中心部(幌別駅)から約30分


泉質は、

食塩泉
硫黄泉
重曹泉
酸性泉
明礬泉
緑礬泉
放射能泉
苦味泉
石膏泉
芒硝泉
鉄泉

11の泉質からなる世界的にも珍しい温泉です。

湧き出る湯量は豊富で1日1万トンです。

温泉街は、

JR北海道登別駅の北北西に直線で約6km、クスリサンベツ川の谷に温泉街があります。

駅前から北海道道2号洞爺湖登別線で通じています。

湯が湧き出る地獄谷から、北の大湯沼に遊歩道が整備されています。

温泉街から、東にある四方嶺(クマ山)にロープウェイが通じています。

山上にはのぼりべつクマ牧場があり、東に倶多楽湖を見下ろすことができます。

登別温泉より西に直線で約1kmの位置に「新登別温泉」があります。

登別温泉より北西に直線で約4kmの位置に「カルルス温泉」があります。

登別温泉の歴史は、

大昔はアイヌの人々が温泉を薬湯として重宝していたといわれています。

江戸時代には、最上徳内が『蝦夷草紙』でその存在を記し、弘化2年(1845年)に松浦武四郎が訪れ、温泉の魅力を綴った。

安政4年(1857年)には近江商人の岡田半兵衛が道路を開削したそうです。

安政5年(1858年)には滝本金蔵が温泉宿(今の第一滝本館)を建て、新たに道(現在の道筋)を整備されました。

その後、日露戦争の傷病兵の保養地に指定され、全国に知られるようになりました。

大正初めから昭和の初めまでは、登別温泉軌道という馬車鉄道〜路面電車も敷設されていました。

2004年、登別温泉地獄谷が北海道遺産に選定された。



posted by tomarigi at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60919402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。