日本全国の温泉 北海道 カルルス温泉 登別温泉の北西、来馬岳、オロフレ山の麓登別川の谷間に7軒の旅館が存在 源泉の色は無色透明

北海道の温泉

カルルス温泉(かるるすおんせん)は、北海道胆振支庁管内登別市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

登別カルルス温泉とも言われることがあります。

交通アクセス

鉄道 : 室蘭本線登別駅よりバスで登別温泉へ約20分くらいです。

そこでバスを乗り換えてその後約25分でカルルス温泉へ(計45分くらい)。

泉質は、単純泉

源泉温度55〜65℃

芒硝の含有量が多いです(但し、芒硝泉になるほどは含有されていない)。

ツムラが「(バスクリン)日本の名湯・登別カルルス」という名称でこの温泉をモチーフにした入浴剤を発売したことがあります。

入浴剤は乳白色だが、源泉の色は無色透明であります。

カルルス温泉の温泉街は、

登別温泉の北西、来馬岳、オロフレ山の麓登別川の谷間に7軒の旅館が存在します。

近くにはカルルス温泉サンライバスキー場が存在します。

開湯当時は共同浴場が存在したが、現在はありません。

カルルス温泉の歴史は、

開湯は1886年であります。

その後温泉の利用許可を得て温泉街の開発がスタートするのは1899年であります。

陸軍の保養所が置かれたことにより栄えました。

温泉名の由来は、チェコスロバキアのカルルスバード温泉に似た泉質であったことによります。

昭和32年9月27日 - 厚生省告示第310号により国民保養温泉地に指定されました。





posted by tomarigi at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本の名湯登別カルルス
Excerpt: 日本の名湯登別カルルス日本の名湯登別カルルスシリーズ名日本の名湯商品名登別カルルス商品類別温泉系粉末入浴剤同じタイプの入浴剤を探す製造元ツムラライフサイエンス(株)販売元ツムラライフサイエンス(株)同..
Weblog: 入浴剤ブログ
Tracked: 2007-10-27 01:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。