日本全国の温泉 北海道 豊平峡温泉 旅館は1軒 札幌市内の温泉では唯一飲泉が可能 札幌周辺では唯一の源泉かけ流し 本場の北インド料理であります

北海道の温泉

豊平峡温泉(ほうへいきょうおんせん)とは、北海道石狩支庁管内札幌市南区(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)にある温泉のことであります。

のです。

豊平川(とよひらがわ)上流にあります。

近くに豊平峡ダム(ほうへいきょうダム)があります。

「豊平」は、豊平区、豊平川などその多くが『とよひら』と読むが、豊平峡の場合は、『ほうへい』と読みます。

豊平峡温泉への交通アクセスは、

車 : 札幌市内から、国道230号線を南下。定山渓温泉から10分。

バス : 札幌駅前バスターミナルよりじょうてつバス7・8番豊平峡温泉行きに乗車(約80分)

鉄道 : 札幌市営地下鉄南北線真駒内駅から無料送迎バスも出ています。

泉質は、塩化物泉

札幌市内の温泉では唯一飲泉が可能(保健所許可済み)です。

豊平峡温泉の温泉街は、旅館が1軒のみです。

日帰り入浴が可能です。

札幌周辺では唯一の源泉かけ流しを謳う。

珍しいことに、食堂(日帰りでも利用できる)は本場の北インド料理であります。

タンドールでナンやタンドリーチキンを焼く様子が見られ盛況であります。
posted by tomarigi at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61002024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。