日本全国の温泉 観光名所となっている源泉 源泉のすぐ上に入浴施設

日本全国の温泉

源泉(げんせん)とは、地中から水が湧き出てくる場所であります。

水が湧き出る様子から転じて、物事・金銭や考えが発生する源としての意味も存在します。

温泉における源泉とは、

温泉における源泉は、地中から温泉が湧き出てくる場所であります。

源泉の湧出形態は大きく分けて3つ存在します。

岩盤の割れ目などから地表に温泉が湧出してくる「自然湧出」、ボーリングにより地中に管を埋め、その管を通って水圧により温泉が湧出してくる「掘削自噴」、地中に管を埋めた後、ポンプを取り付けその力で温泉を汲み上げる「掘削動力揚湯」であります。

自然湧出型の源泉は地震、噴火などの自然現象に伴って発生する場合があります。

掘削型はボーリングなどにより人為的に開発が行われています。

新規に温泉地を開く上で、掘削による源泉開発は欠かせないものとなっています。

観光名所となっている源泉は、

自然湧出源泉以外は湧出口にはパイプやコンクリート製の囲い等が取り付けられているだけのこともあり、多くの源泉は公開されていないが、草津温泉や万座温泉の湯畑など、自然湧出の源泉の中には観光名所として公開している温泉地も存在します。

観光名所化している源泉の多くは自然湧出型の源泉であります。

一部では、掘削自噴型や掘削動力揚湯型の源泉でも公開されている所もあります。

登別温泉の「地獄谷」

玉川温泉の「大噴」

草津温泉の湯畑

万座温泉の湯畑

伊香保温泉の源泉所

野沢温泉の麻釜

雲仙温泉の雲仙地獄

源泉のすぐ上に入浴施設がある例としては、

普通、源泉から湧出した温泉水は、パイプや誘導溝を経由して湯船などの入浴施設に導かれます(引湯)。

しかし一部の自然湧出型の源泉では、源泉の場所に入浴施設が設置されている場合があります(足元湧出)。

これが可能なのは湧出温度がほぼ適温である場合に限られています。

ほぼ全国的に存在するがその数はそれほど多くはありません。

以下には主なものを例示します。

ニセコ薬師温泉のニセコ薬師温泉旅館

酸ヶ湯温泉の酸ヶ湯温泉旅館

乳頭温泉郷の鶴の湯温泉

法師温泉の長寿館

川湯温泉の河原風呂・仙人風呂

地獄温泉清風荘のすずめの湯

壁湯温泉の洞窟風呂


posted by tomarigi at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61003007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。