日本全国の温泉 北海道ニセコ温泉郷 温泉郷の範囲は広く、また一軒宿が多いため、紹介のされ方により温泉郷内にある温泉地の数が変化します

北海道の温泉

ニセコ温泉郷(にせこおんせんきょう)は、北海道後志支庁管内虻田郡ニセコ町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)および北海道後志支庁管内磯谷郡蘭越町(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)にある温泉の総称(温泉郷)です。

温泉郷の範囲は広く、また一軒宿が多いため、紹介のされ方により温泉郷内にある温泉地の数が変化します。

昭和33年11月1日 - 厚生省告示第327号により、ニセコ温泉郷が国民保養温泉地に指定されました。

ニセコ温泉郷への交通アクセスは、

鉄道 : 函館本線ニセコ駅より各温泉地へ

ほかにも、新千歳空港や札幌市から直通のバスが運行されています。


郷内の温泉

ニセコワイス高原温泉

ひらふ温泉

ニセコ五色温泉

ニセコ湯本温泉

ニセコ東山温泉

ニセコ昆布温泉

ニセコ湯の里温泉

ニセコ薬師温泉

ニセコ新見温泉

ニセコアンヌプリ温泉

ニセコ駅前温泉

昆布川温泉

各温泉地は、紹介されるときにニセコがつく場合、つかない場合両方あります。


<
posted by tomarigi at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。