日本全国の温泉 北海道 五色温泉 お湯は灰色で硫黄の香りが強いです 2軒が存在 ニセコ温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されています

北海道の温泉

五色温泉(ごしきおんせん)は、北海道後志支庁管内磯谷郡蘭越町(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)、ニセコ温泉郷にある温泉です。

ニセコ五色温泉とも呼ばれています。

同名の温泉は山形県米沢市、長野県上高井郡高山村、群馬県伊勢崎市にあります。


五色温泉への交通アクセスは、

鉄道:函館本線倶知安駅からバスで約35分くらいです

泉質は、

含フッ素・食塩・苦味−硫化水素泉

源泉温度79.4℃

毎分200Lの湧出量

含有成分の総量は、1Lあたり5,284mgと非常に多いのが特徴です。

お湯は灰色で硫黄の香りが強いです。

五色温泉の温泉街は、

温泉地から望むニセコアンヌプリ「ニセコ五色温泉旅館」及び道路を挟んで向かいの「山の家」の2軒が存在します。

五色温泉の歴史は、

ニセコ五色温泉旅館の開業は昭和5年であります。

昭和33年11月1日 - 厚生省告示第327号により、ニセコ温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されています。

山の家は元は国鉄の施設だったが、現在は民間の施設であります。




posted by tomarigi at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61076479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。