日本全国の温泉 北海道 セコ薬師温泉 浴槽そのものが源泉という温泉です 日本三大秘湯のひとつとされています 旅館が1軒だけです

北海道の温泉

ニセコ薬師温泉(にせこやくしおんせん)は、北海道後志支庁管内磯谷郡蘭越町(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)、ニセコ温泉郷にある温泉です。

浴槽そのものが源泉という温泉です。

浴槽の下からお湯がそのまま湧きます。

日本三大秘湯のひとつとされています。

入浴していると炭酸の泡が体に付くそうです。

看板に書かれている温泉のキャッチフレーズは「奇跡的に病気に効く」というものです。

ニセコ薬師温泉への交通アクセスは、

鉄道:函館本線昆布駅、車で10分くらいです。

泉質は、重炭酸ナトリウム含弱食塩泉

源泉温度37℃

茶褐色の源泉だが、色がよく変化することから「七変化の湯」の異名も持っています。

屋外に一つ屋内に2つ(風呂が源泉の真上にある)の合計3つの源泉を持っています。

ただし、屋外の温泉は冬の間実質利用できません。

湯量は豊富であります。

ニセコ薬師温泉の温泉街

旅館が1軒だけです。

ニセコ薬師温泉旅館。周辺は支笏洞爺国立公園であり、自然環境は優れています。

ニセコ薬師温泉の歴史は、

昭和33年11月1日 - 厚生省告示第327号により、ニセコ温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されました。







posted by tomarigi at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。