日本全国の温泉 青森県 青荷温泉 ランプの宿として知られます 一軒宿の青荷温泉が存在

青森県の温泉

青荷温泉(あおにおんせん)は、青森県黒石市(旧国陸奥国)黒石温泉郷にある温泉です。

青荷温泉への交通アクセス

バス:弘南鉄道弘南線黒石駅から弘南バス虹の湖線・温川線に乗車、虹の湖公園前下車、旅館送迎バスに乗り継ぎです。

泉質

炭酸泉

青荷温泉の温泉街

一軒宿の青荷温泉が存在します。

ランプの宿として知られます。

宿そのものは弘南バスグループに属します。

青荷温泉の歴史

開湯は昭和4年であります。





posted by tomarigi at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

日本全国の温泉 青森県 板留温泉 浅瀬石川沿いに2軒の旅館、4軒の民宿が広がっています

青森県の温泉

板留温泉(いたどめおんせん)は、青森県黒石市(旧国陸奥国)黒石温泉郷にある温泉です。

板留温泉への交通アクセス

鉄道:弘南鉄道弘南線黒石駅よりバスで約20分くらいです。

泉質

含食塩芒硝泉

板留温泉の温泉街

浅瀬石川沿いに2軒の旅館、4軒の民宿が広がっています。

落合温泉は対岸にあたります。

以前は川沿いに共同浴場が存在したが、2004年に取り壊されました。

板留温泉の歴史

開湯時期は不明です。

天文年間の津軽道中譚には既に温泉の記述が有ることから、それ以前の開湯であると考えられます。


posted by tomarigi at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

日本全国の温泉 青森県 落合温泉 素朴な外観の共同浴場が一軒存在 浅瀬石川沿いに6軒の旅館

青森県の温泉

落合温泉(おちあいおんせん)は、青森県黒石市(旧国陸奥国)黒石温泉郷にある温泉です。

落合温泉への交通アクセスは、

鉄道:弘南鉄道弘南線黒石駅よりバスで約20分くらいです。

泉質

塩化物泉

落合温泉の温泉街

浅瀬石川沿いに6軒の旅館が広がっています。

板留温泉は対岸にあたります。

素朴な外観の共同浴場が一軒存在します。

落合温泉の歴史

開湯は昭和8年です。

浅瀬石川上流側の沖浦からの引湯管を設置して開湯しました。




posted by tomarigi at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

日本全国の温泉 青森県 温湯温泉 温泉宿舎はいずれも明治後期から大正にかけての木造建築であり、鄙びた温泉場の風景

青森の温泉

温湯温泉(ぬるゆおんせん)は、青森県黒石市(旧国陸奥国)の黒石温泉郷にある温泉です。

温湯温泉への交通アクセスは、

鉄道 : 弘南鉄道弘南線黒石駅よりバスで約20分くらいです。

泉質は、

ナトリウム-塩化物泉

源泉温度60℃

泉温は決して低くなく、よく温まるので「温湯(ぬるゆ)」と言うようになりました。

温湯温泉の温泉街

共同浴場「鶴の湯」を中心に、その周囲に「温泉客舎」が立ち並びます。

温泉宿舎はいずれも明治後期から大正にかけての木造建築であり、鄙びた温泉場の風景を構成しています。

また、各温泉宿舎は内湯を持たず、客は外湯に入りに行く、という昔ながらの湯治場のスタイルを守っています。

但し、全ての宿泊施設が内湯を持たないわけではなく、内湯がある旅館も存在します。

温湯は温湯こけしの発祥地でもあります。

こけしで有名な温泉地は、他にも遠刈田温泉、土湯温泉、鳴子温泉などがあります。

温泉街では、毎年7月下旬の土用の丑の日に近い土曜日、日曜日に「温湯丑湯まつり」が行われます。

これは、牛の形をした御神体を温泉の中に入れる行事であります。

温湯温泉の歴史

開湯は、四百数十年前に傷を癒しているツルを発見したことによるとされ、共同浴場にその名前が残ります。

明治時代にあった火事で歴史資料の多くが焼失しており、大火以前の詳細な歴史は不明な点が多いです。

共同浴場は2001年11月8日に改装され、同時に開湯伝説にちなんで「鶴の湯」と名づけられました。



posted by tomarigi at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

日本全国の温泉 青森県 黒石温泉郷 青荷温泉は電気のひかれていない秘湯の一軒宿、ランプの宿として人気 浅瀬石川沿いに長寿温泉、温湯温泉、落合温泉、板留温泉の4つが存在します

青森県の温泉

黒石温泉郷(くろいしおんせんきょう)は、青森県黒石市(旧国陸奥国)の奥座敷に位置する温泉の総称(温泉郷)であります。

浅瀬石川沿いに長寿温泉、温湯温泉、落合温泉、板留温泉の4つが存在します。

前述の4温泉から山間部に離れた場所に青荷温泉があります。

更に山奥に入った隣町平川市の温川温泉までを温泉郷に含める場合もあります。

浅瀬石川沿いの温泉は、古くから湯治場として栄えた場所であり、各温泉には共同浴場が存在しており地元の生活に温泉が密接に関わっています。

但し、板留温泉の共同浴場は2004年に取り壊されました。

青荷温泉は電気のひかれていない秘湯の一軒宿、ランプの宿として人気があります。

郷内の温泉

温湯温泉

落合温泉

板留温泉

青荷温泉

長寿温泉

温川温泉


posted by tomarigi at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

日本全国の温泉 青森県 百沢温泉 岩木山神社の近く、岩木山の登山口に12軒の旅館が存在します 共同浴場は存在しないので、旅館の日帰り入浴を利用

青森の温泉

百沢温泉(ひゃくざわおんせん)は、青森県弘前市(旧国陸奥国)にある温泉です。

百沢温泉交通アクセス

鉄道:奥羽本線弘前駅よりバスで約45分です。


泉質は、

含重炭酸土類-弱食塩泉

源泉温度42〜59℃。茶褐色の源泉であります。

また成分の多さが特徴で、湯口や湯船、浴室の床に析出物が大量に見られます。

百沢温泉の温泉街

岩木山神社の近く、岩木山の登山口に12軒の旅館が存在します。

共同浴場は存在しないので、旅館の日帰り入浴を利用することになります。

岩木山百沢スキー場へも近いです。



posted by tomarigi at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。