日本全国の温泉 富山県 宇奈月温泉 黒部峡谷鉄道のトロッコ観光の拠点 黒部川の渓谷沿いなどに旅館や保養所が立ち並びます

富山県の温泉

宇奈月温泉(うなづきおんせん)は、富山県黒部市(旧下新川郡宇奈月町、旧国越中国)にある温泉です。

黒部川の渓谷沿いなどに旅館や保養所が立ち並びます。

黒部峡谷鉄道のトロッコ観光の拠点でもあります。

宇奈月温泉への交通アクセス

富山地方鉄道本線、宇奈月温泉駅すぐです。

泉質

単純温泉

源泉の色 : 無色透明

源泉はすべて黒部川上流にある黒薙温泉からの引湯であります。

源泉段階で96度と非常に高温であり、湯量が豊富であることが特徴です。

宇奈月温泉の温泉街

ホテルや旅館などが立ち並び、または商店街や土産店も多数点在します。

富山県内の温泉地では最大規模を誇ります。

宇奈月温泉駅前には温泉を利用した噴水が存在します。

温泉街の外れにある宇奈月公園には、かつてこの地を訪れたことがある昭和天皇、与謝野鉄幹、与謝野晶子、宮柊二らの歌碑が存在します。

温泉街にはそれぞれ『おもかげ』『いっぷく』の名称がある足湯のほか、宇奈月国際会館セレネ、黒部川電気記念館、宇奈月神社、尾の沼体験交流施設 とちの湯、宇奈月ダム資料館「大夢来館(だむこんかん)」などが存在します。

宇奈月温泉の歴史

1924年(大正13年)11月末、山田胖によって黒薙温泉からの引湯管を設置して、現在の場所に温泉街が開かれました。

1946年(昭和21年)、温泉街で大火が発生しました。

温泉街のほとんどを焼失しました。

2006年(平成18年)3月の合併による新黒部市誕生に併せて、温泉街の地名が「宇奈月温泉」に変更されました。(宇奈月町時代は地番だけで大字名はなかったようです。)

posted by tomarigi at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 富山県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。