日本全国の温泉 宮崎県 湯之元温泉 八色鳥も訪れる手つかずの自然を残した御池や、神話に登場する日本の神々が国土計画にあたったと言い伝えられる宮之宇都が近くに存在

宮崎県の温泉

湯之元温泉(ゆのもとおんせん)は宮崎県高原町(旧国日向国)にある温泉です。

湯之元温泉への交通アクセス

自動車: 宮崎自動車道高原インターチェンジから10分くらいです。

泉質

炭酸水素塩冷鉱泉

二酸化炭素、マグネシウム、ナトリウム、カルシウムを含む高濃度の炭酸泉で、炭酸ガス成分を1300PPM以上含みます。


主な成分

温泉分析表より抜粋 1kg中

陽イオン
ナトリウムイオン 182mg
マグネシムイオン 100mg
カルシウムイオン 125mg
陰イオン
炭酸水素イオン 1382mg
溶存物質(ガス性のものをのぞく)
遊離二酸化炭素 1314mg

効能

浴用: 運動麻痺、筋肉痛、冷え性、動脈硬化症、心臓病、高血圧症、関節痛、うちみ、くじき、慢性消化器病、神経痛、五十肩、きりきず、やけど
飲用: 糖尿病、肝臓病、慢性消化器病、痛風、慢性便秘

※注 効能はその効果を万人に保証するものではないです

湯之元温泉の温泉街

周辺

八色鳥も訪れる手つかずの自然を残した御池や、神話に登場する日本の神々が国土計画にあたったと言い伝えられる宮之宇都が近くに存在します。

湯之元温泉の歴史は、

開湯は天明4年とされています。

天明の大飢饉の際に農民永田延寿院法院が開田事業を行った際、温泉地に流れる小川のそばで源泉を発見したとされています。

江戸時代には、島津藩の家老が湯治に訪れた記録も残っています。

明治時代に、延寿院法院から数えて五代目の定作の妻ムメにより、温泉地は現在により近い形に作り替えられました。

この時代には湯治場として多くの人が利用し、多くの人が訪れました。

昭和の半ばまで、昔ながらの湯治場の光景が見られたとされます。

posted by tomarigi at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎県

日本全国の温泉 宮崎県 京町温泉 えびの高原、霧島方面の観光中継地としても利用されています 近年は趣向を凝らした変わり種の風呂が人気あり

宮崎県の温泉

京町温泉(きょうまちおんせん)は、宮崎県えびの市(旧国日向国)にある温泉です。

県を代表する温泉であります。

京町温泉へ交通アクセス

鉄道:吉都線京町温泉駅下車です。

泉質

弱アルカリ単純泉

京町温泉の温泉街

規模は、温泉資源の乏しい宮崎県では随一といえるが、昔ながらの住宅街に紛れて小、中規模の旅館が軒を並べる、ひっそりとした雰囲気であります。

周囲を霧島連山に抱かれるなど景観に優れ、歓楽色は一切なく、保養向けです。

また、えびの高原、霧島方面の観光中継地としても利用されています。

地元の田の神「タノカンサァ」の石像がシンボルです。

近年は趣向を凝らした変わり種の風呂が人気あります。

京町温泉の歴史

大正初期の開湯で、掘削中の落雷によって突如噴出したといわれるため、昔は雷温泉と呼ばれていました。



posted by tomarigi at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎県

日本全国の温泉 宮崎県 綾温泉 ワイン・酒の試飲施設や工芸館、旅館などが存在します

宮崎の温泉

綾温泉(あやおんせん)とは、宮崎県東諸県郡綾町(旧国日向国)にある温泉です。

綾温泉への交通アクセス

鉄道:日豊本線・日南線南宮崎駅からバスで約1時間。

自動車:宮崎自動車道小林インターチェンジから国道268号、宮崎県道26号宮崎須木線を経由です。

または、宮崎自動車道宮崎インターチェンジから国道220号、宮崎県道17号南俣宮崎線を経由です。

泉質

ナトリウム塩化物泉

効能

関節痛、冷え性、慢性婦人病など。

※効能はその効果を万人に保障するものではないです。

綾温泉の温泉街

雲海酒造が運営する「酒泉の杜」にはワイン・酒の試飲施設や工芸館、旅館「杜の宿 綾陽亭」などが存在します。

綾温泉の歴史

詳しいことはわかっていないが、「酒泉の杜」オープン時に開湯したらしいです。




posted by tomarigi at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宮崎県

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。